ご宿泊・お食事のお問合せ・ご予約は
Tel.0796-37-0325
受付時間8:00〜22:00
オンライン予約(24時間受付)
白いか
ここ柴山の代表的な素材はやはり「海の幸」ですが、せっかく柴山に
足を運んでいただいたのだから、それ以外にもなるべくたくさん
地元のものを召し上がっていただきたい。
「地産地消」を目指してできる限り地元の素材を使用することを心がけています。
柴山かに
厳しい品質管理のもとで選別される活柴山かに
白いか
手釣りで大切に取り扱われる繊細な活白イカ
どちらも、ここ柴山の代表的な海の幸ですが、 これ以外にも柴山には自慢の素材が
たくさんあります。
サザエ・アワビ
6〜8月は、漁師の言葉で「すのあがり」と言い、大型底曳漁の船はお休みになります。
その間はお刺身にサザエやアワビをよく使います。
アワビは最近では養殖物も普通に出回っていますが、お刺身にするにはやはり天然物がよいとこだわっています。
季節により揚がる地魚は、おいしいお刺身になります。
春には白エビ・ノドグロ、夏にはスズキやアジも揚がります。
その他、ハマチや甘エビなど。
但馬牛
肉と脂質の旨さのバランスが取れた肉質を持つ和牛の最高峰、但馬牛も、
自慢の素材です。
神戸牛・松坂牛・近江牛などの極上肉のルーツも、
この但馬牛であると言われています。
陶板焼きステーキで召し上がっていただけます。
メインを取り巻く食材にもこだわります。
契約農家のお米、手作りみそ(米地みそ)

■お米は、地元の生産農家と契約しているコシヒカリを使用しています。

■味噌は、添加物をいっさい使わず米、大豆、塩のみを使用した昔ながらの手法で作られている地元米地(めじ)の人が共同で作っている米地味噌を使用しています。

■野菜は可能な限り、自家栽培のものを使用します。
除草剤などはいっさい使わず、かにの殻を使った有機肥料や有機石灰で育てています。
まる屋の四季